逆流性食道炎のチェック

逆流性食道炎は、早期発見早期治療が大切です。

胃の不調が続いている方、すぐに歪みのチェックしましょう!

逆流性食道炎チェック
整体的な観点で診た骨格異常






 

【評価】

  • アゴが前に出ている人は、頸椎に歪みがあります。頸椎4番(C4:横隔膜神経が出ている)の異常により、横隔膜の機能低下や歪みがあります。

逆流性食道炎になりやすい方

腰の曲がった方、姿勢の悪い方(猫背)、体が歪んでいる方
胃が押しつぶされたり捻れたりして、本来の胃の働きが出来なくなります。
油っぽいものを良く食べる
消化に時間がかかり、胃の中に長い時間食べ物が残ってしまいます。胃酸が多く出ますので、胃酸が逆流する可能性が高くなります
ストレスが多い
胃や食道の機能が悪くなり、ぜん動運動が弱くなります。消化も悪く胃の中に食べ物が残りやすくなります。食道のぜん動運動が弱くなると、逆流してきた胃酸を戻すことが出来なくなります。
太っている
内臓に脂肪がつくと、内臓本来の働きに支障が出ます。また、太っている方は一度に多くの食事を摂る・良くかまずに流し込むように食べるというクセのある方が多く、胃に必要以上の負担がかかります。
妊婦さん(特に妊娠後期)
胃が子宮に押し上げられ、胃の機能が弱くなります。また、押し上げられた影響で、食道裂孔ヘルニアになってしまうこともあります。
食道裂肛ヘルニアの人
噴門部が開きっぱなしになっているので、胃の内容物が食道へ逆流します。

ページの先頭へ